« 発熱14日目 転院初日 | トップページ | 発熱16日目 »

2007年4月28日 (土曜日)

発熱15日目 背中が痛い

入院生活9日目。いよいよゴールデンウィークに突入だ。

今年は病院で過ごすことになるとは…

こっちの病院は、駅前なので電車で移動がほとんどになった。

いったん家に帰るとき、電車は遊びに行くらしき家族連れが

とても多かった。羨ましがっちゃいけないぞ!っと

思いつつ、ちょっぴり切ない。

kiitosの着替えとママの着替え、水筒や食料品、

タオルに本など、毎回すごい荷物なのでキャリーバッグを

コロコロと引いて電車に乗るんだけど

「GWだし海外にでも行くと思われてるんだろうか…」などと

考えてはため息。はぁぁぁぁ~っ。ダメなママ。

 

今日は土曜日で検査はないみたい。

kiitosの担当の先生は4人。

4人の先生が入れ替わり、それぞれ病室に回診に来てくれる。

相変わらず、発熱以外には症状がない。熱が高ければ解熱剤がでる程度。

 

午後から妹が来てくれた。kiitosが退屈してるだろうからって。

おばあちゃんからの折り紙も持ってきてくれた。

嬉しいな。kiitosもとても嬉しそう。早速みんなでトランプ。

おばあちゃんが作ってくれたお弁当も持ってきてくれた。

好き嫌いが多く、病院食だと食が進まないのを心配した

おばあちゃんが、kiitosの好きなものばかりで作ってくれたお弁当。

中身は、鮭のおにぎり、青菜のおにぎり、出し巻き、ウィンナー、

ブロッコリー、焼肉。夕飯のとき、すごい勢いでたくさん食べた。

いっぱい食べるのを見ると、ホントにホッとする。

好き嫌いはいけないけど、今はちょっとでも食べて

元気になって欲しいから。病気に負けないで欲しいから。

 

夕食後、kiitosが背中の痛みを訴えだした。髄液検査のあとだ。

すごく痛がって座っていられない。横になっても痛いと訴えてつらそう。

入院してから初めて、自分から「先生よんで。」と言い出した。

本当に「痛い、痛い」と苦しみだして、すごく心配なので

すぐ、ナースコールで看護師さんに来てもらった。

看護師さんに、髄液検査のあと動いたりすると後で痛みが出る

ことがあって、検査当日よりもしばらくたってからのほうが

痛かったりすると言われた。個人差もかなりあって

全然、痛みの出ない子もいれば10日間くらい痛がる子もいるそうだ。

かなり痛そうなので、痛み止めの貼り薬を処方してもらうことになった。

ところがっ!!看護師さんが一向に薬を持ってきてくれない。

kiitosも「まだぁ?痛いよぉ。ママ聞いてきてよ~」というのを

「もうちょっとだから我慢してね」と言って、ずいぶん待ったけど

やっぱり来ないので、もう一度ナースコールで

「すみません、かなり痛がってるんですがまだでしょうか?」と

聞いてみた。すると、お薬を出すには医師に処方箋を

書いてもらってから、病院の薬剤部に依頼して、それが更に

病棟まで回ってくるのに時間がかかるとのこと。

大学病院なんだなぁ…仕方ないので、苦しむkiitos

慰めて我慢させるしかなかった。

その後、看護師さんが大急ぎで貼り薬を持ってきてくれた。

 

6:30 36.2     9:00 36.6   11:00 36.9   13:30 39.5

15:30 39.2   16:30 38.4   17:30 37.4   20:30 37.5

« 発熱14日目 転院初日 | トップページ | 発熱16日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408596/6690199

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱15日目 背中が痛い:

« 発熱14日目 転院初日 | トップページ | 発熱16日目 »