« またもとの病院 | トップページ | 調べること »

2007年4月20日 (金曜日)

すごい1日

発熱7日目。

今日はホントなら参観日。そして8歳の誕生日。

もう一週間。

昨日の夜からも40℃を超えた。明日から週末だし

めちゃめちゃ不安なんで、今日もS小児科に連れて行ってみる。

  

熱も高いのでおじいちゃんにお願いして車で送ってもらう。

(私は免許ないんです。)

先生に相変わらず熱が高いことを伝えると「高熱が長引いてるので

大きな病院で検査してもらったほうがいい」ってことで

紹介状をもらってすぐS病院に行くことになった。どうしよう・・・

S病院に行く前に、すぐ近くだったので職場によって

ずっと持ったままだった仕事の資料を店長に渡しに行った。

わたしも慌ててたので「今からS病院に検査に行くように

言われたんです」とだけ伝えるのが精一杯。

 

S病院にもおじいちゃんにそのまま乗っけてもらってすぐ受付。

S小児科の先生が電話をしてくれたらしく、話が通っていた。

S病院の小児科で受診。内診の後、とりあえず血液検査

検尿して下さいといわれ、採血した。

kiitosは採血が大嫌い・・・私とおじいちゃんは表で待たされて

出てきたkiitosは案の定しゃくりあげてた。トホホ。

 

血液検査は結果が出るのに1時間くらいかかるので

小児科の前の長椅子で3人でひたすら待つ。

kiitosは熱でぐったりで長椅子に横になってた。

ふと、朝一から病院のはしごでバタバタして、

お昼を食べていないことに気づいたので売店でパンを買って

3人一列に長椅子に並んでモソモソ食べる。

どんな結果なんだろう・・・暗い気分になる・・・

おじいちゃんがいて良かったよ。

 

血液検査検尿の結果がでる。炎症反応が少しだけ上がってること

白血球の数が減ってること以外に目立った数値は出てなくて

熱の原因は今のところ分からないという。

インフルエンザアデノウイルスは陰性。

高熱が長く続いてるし「不明熱」ということでもう少し検査させて

もらったほうがいいからこのまま入院して下さい。と言われ

しばし呆然・・・

kiitos点滴をいれて病室に移動となった。

大きな病院にかかるのも初めてなのに、そのまま入院なんて・・・

入院も初めて。

「不明熱」って聞くのも初めて。

「不明熱」ってなんだろう?

 

慌しく入院の手続き。おばあちゃんとパパに電話。

一回おじいちゃんが帰っておばあちゃんを連れてきて

交代で私が家に帰って入院に必要なものをとって来ることになった。

おじいちゃんフル回転。

 

ベッドは4人部屋に2才くらいの女の子とkiitosの2人。

S病院は改装したばっかりでとってもキレイ。

看護師さんが病棟内の説明をしてくれる。

小学生は付き添いはどちらでもいいですと言われたけど

家でも自分のベッドで1人で寝れない「へなちょこ」kiitos

そんなの無理に決まってる!ので、

付き添いの簡易ベッドもお願いした。

話し合いの結果、今日はパパが泊まることに。

おじいちゃんとおばあちゃんと家に帰る。

不安で眠れない夜だった。

 

    つづく ⇒ ⇒ ⇒

« またもとの病院 | トップページ | 調べること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408596/6542303

この記事へのトラックバック一覧です: すごい1日:

« またもとの病院 | トップページ | 調べること »