« おじいちゃんおばあちゃんち | トップページ | 1ヶ月半ぶりの学校 »

2007年5月28日 (月曜日)

プレドニン半分に

今日は外来通院の日。kiitosは朝からソワソワ。

採血が気になって落ち着かない。

何回やっても痛いし怖いし、そりゃ慣れないよね。

「今日は採血する?」って何十回も聞く…

残念ながら、たぶん、いや絶対するよ。とはやっぱり言えないので

「ママは先生じゃないから分かんないなぁ~」と言ってみる。

「じゃあママはするとしないとどっちが多いと思う??」

しつこいです。

 

今日は診察まで結構待ちました。

kiitosは一緒に行ったおじいちゃんとおばあちゃんに

緊張して足の付け根からおなかの辺りが

「きゅぅぅぅ~っ」となると力説していた。ぷぷぷ。

今日は入院中の担当の先生が3人そろってました。

診察を受けて先生がkiitos

「明日から学校行くかっ。」って言ったのでkiitosは「へっ??」

私は横で聞いていて、めちゃめちゃホッとしたんだけど

kiitosは複雑な表情。

ステロイドが良く効いて、平熱が続いているので

今日から1日の量が半分になった。朝1錠、夜0.5錠

これもかなり嬉しい~。やっぱり少しでも早く止めたい!!

これくらいの量だと大丈夫でしょうと言われてても

どうしても副作用が心配で心配で…

もちろん急にやめて反作用がでると困るけど。

通院も1週間に1回で良いことに。

あぁ~本当にこのまま何も起こらず治りますように。

 

先生達にも「良かったね」的なムードで

ママもにこにこで診察室を出ようとしたときに先生が

「あ、採血は念の為にして帰ってね。

そんなに嫌がってないみたいだし。」

kiitos、しょぼぼぼぼぉぉぉぉ~ん。

先生、嫌がってないことは無いですよぉ。

気になって前の晩、夢に見るくらいなのに。

  

採血も無事終了後、kiitosに複雑な表情のわけを聞いてみた。

「どうしたん?学校行くの緊張する?勉強が心配??」と。

すると「心の準備ができてない…」とかえってきた。

その気持ち、良く分かるけどなぁ。1ヶ月半ぶりの学校。

でもそこを乗り越えないとね。

頑張れkiitos。きっとすぐ慣れるよ。ママは信じてる。

kiitosは珍しく自分から「帰ったら勉強するっ!!」と言って

勉強してた。やっぱり不安なんだね。

 

帰ってから、担任の先生、登校班の地区委員の方、

学童の先生などに連絡で忙しい。

学童の先生には、学童はもうしばらく休むけど

ずっと本当に心配してもらってたので学校に行けるように

なったことだけでもと思って。

担任の先生は8時半頃、学校の帰りに寄ってくれた。

しばらくは体調とか注意して見て頂くようお願いした。

kiitosには「明日、待ってるよ」と言って下さった。

 

パパが帰って来て、今日の結果報告。なぜかパパの機嫌が悪い。

ママはてっきり「良かったなぁ!!」ってなると思ってたのに。

訳を聞くと、パパに相談無しで明日から学校に行くと決めた・・・と

怒っていた。私は木曜日の時点で、もういつ学校に行ってもいいけど

念のため様子を見ていたと思っていたので、今日の結果がよければ

明日から学校に行くものとすっかり思い込んでいたので

パパの反応にビックリした。パパは薬を減らしたことで、

kiitosの体調に変化がでることをすごく心配していて、

その様子を見てから学校に行かせた方がいいという意見だった。

結局、口論になってしまった。

でも、やっぱりママが悪かったと反省…

明日からすぐ学校に行く行かないは別にしても

パパの心配しているような事に考えが及ばず

登校の許可がでた事、ステロイドが減った事を

喜びすぎて舞い上がって、先走ってしまったんだなぁと。

結局、担任の先生にも連絡したし、kiitosも明日から

行くつもりになってるので、そのまま明日から行くことになった

« おじいちゃんおばあちゃんち | トップページ | 1ヶ月半ぶりの学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408596/6588487

この記事へのトラックバック一覧です: プレドニン半分に:

« おじいちゃんおばあちゃんち | トップページ | 1ヶ月半ぶりの学校 »