« 病名と外泊 | トップページ | 小児慢性特定疾患 »

2007年7月13日 (金曜日)

ブルフェン錠

今日は寝起きから39℃の熱が出ていました。

午後から熱が出ることが続いていたので、朝一で発熱は初めて。

kiitosは起き上がれず、しんどそうです。

昨日から『ブルフェン錠』を飲み始めたのと何か関係があるんだろうか…

 

朝の回診で「もうしばらく飲み続けて変化を見ましょう」と言われた。

量も早速、昨日の倍に増えた。600mg/日に。

インターネットで調べると8~10歳で1日量300~400mgとなっているので

kiitosの場合はかなり多いようだ。通常の倍近くを飲むことになる。

胃への負担も大丈夫なのかな。心配…

 

------------------------------------------------------------------
この薬は炎症を抑え、痛みを和らげる働きをし、関節リウマチどの関節の痛み、
炎症症状、神経痛などや熱を下げるために用いる。
しかし、病気の原因そのものを治すものではない。
慢性関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2~4週間くらいかかることが
ある。腎臓や肝臓の働きが悪くなってくることがあり、リウマチなどで長期に服用
する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよい。
 
主な副作用に
     ・胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎。
      ・発疹、じんま疹。
      ・むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。
     ・消化性潰瘍 … 胃腸出血・胃痛、腹痛、下血(血液便、
                             黒いタール状の便)、吐血。
     ・腎臓の重い症状 … 発熱、発疹、だるい、むくみ、尿の濁り、血尿、
                                   頻尿、尿が少ない、側腹部痛、腰痛。
      ・肝臓の重い症状 … だるい、食欲不振、発熱、発疹、かゆみ、黄疸、
                                   尿が褐色。
      ・重い血液成分の異常 … 発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・
                                        青あざ)や歯肉からの出血。
     ・重い皮膚症状 … 高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが
               痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

     ・喘息発作の誘発

-----------------------------------------------------------------

« 病名と外泊 | トップページ | 小児慢性特定疾患 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408596/7137762

この記事へのトラックバック一覧です: ブルフェン錠:

« 病名と外泊 | トップページ | 小児慢性特定疾患 »